転職回数が多い人

仕事のスタイルは人によってそれぞれで、
高校を卒業して就職したところで定年を迎える人もいれば
人生の中で何度も仕事を変えるような人もいますが、
転職回数が多い人ほどいろいろなところで
仕事をしているわけなので経験値という点でのメリットは高くなっています。

しかし、いくら経験値が高くても雇う側からすると
転職回数が多いと仕事が長続きしないというイメージを
与えてしまうことからあまり転職回数の多い人は好んで採用するところはありません。

そのため、転職サイトを利用してこれから
転職活動を進めて行く場合にこれまでの転職回数が
転職のネックになってしまうことも十分に考えられるわけですが、
転職サイトにもいろいろな種類のサイトがあるので一様には言えないものの、
回数が多いことを肯定的に説明する必要はあります。

転職回数が多いことを問われた場合の問いについては
いろいろな経験やスキルがつけたいなど肯定的な理由を言うと
納得してもらえる可能性もありますが、
同時に貴社で辞めないことを証明することも必要になってきます。

転職サイトを利用する場合はコンサルタントのサポートを
受けることができるサイトも多くありますが、
転職支援においては百戦錬磨であるためコンサルタントに
受け答えについての相談をしておくのもよいかもしれません。

転職することによって違った環境で働くことができるようになりますが、
その一方で環境に慣れないことによって仕事が長続きしない例もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です